レッドソックス追い上げるも1点差負け! 大谷選手32号ホームラン!

スポンサーリンク

レッドソックス対エンジェルスは4対5でレッドソックス惜敗!大谷選手ホームラン含む2安打1打点!

【本日の試合展開をサラッと解説します。】

1回裏、先頭バッターのフレッチャーと大谷選手の連続ヒット。打球処理でバタバタしている間にランナー2塁、3塁となりました。ウォルシュのセカンドゴロの間にエンジェルスが1点先制。ゴズリンがヒットで1点追加。

5回表、1アウトから、アローヨがヒットで出塁。バスケスもヒットで続き、ランナー1・3塁。次のダルベックの打った打球はレフト方向・・・レフトバック・・・。フェンスダイレクトに当たりレッドソックスが1点返す。ただ、この時、1塁にいたバスケスは何とセカンドでストップ!!!マジかよ・・・。リトルリーグでもサードまで行くでしょ・・・(苦笑)

キケ三振の後、バードゥーゴのタイムリーでなんとか一時同点まで追いつくも・・・。

5回裏、大谷選手がファウルで粘った後に32号ホームラン!日本人メジャーリーガーでは、あのヤンキースの松井選手の31号ホームランを抜いて日本人最多ホームラン!!! 本当に凄すぎ!!!

大谷選手の次のウォルシュもソロホームランで4対2でエンジェルスがリード!

6回表、アローヨのセンター前のタイムリーヒットで1点差!

7回裏には、ウォルシュがまたホームラン(22号)でエンジェルスが突き放す!

8回表、先頭のJ.D.マルティネスがスリーベースヒットで出塁。続くボガーツがツーベースで1点返し1点差!ただ、その後続かず1点止まり・・・。レッドソックスとしては、この回に追いつきたかったなあ・・・。

9回表は、エンジェルスの守護神、イグレシアスが三者三振でゲームセット!

このシリーズは、エンジェルスが2勝1敗で勝ち越しで終わりました。う~む、レッドソックスが勝ち越すと予想していたのですが・・・。なかなか見どころがあるシリーズでした。プレーオフでこのマッチアップがあると面白いのですが・・・どうでしょうか?!  

コメント