レッドソックス一度も追いつけずレイズとの首位攻防戦は3対7で完敗!澤村投手は復帰し即登板で1回を無失点でまずまずのピッチング!

レッドソックス
スポンサーリンク

本日から、レッドソックスはレイズとの首位攻防戦。

レッドソックスはペレスが先発。レイズはフレミングが先発。

試合は、初回からレイズペース。2アウト1塁からディアスにレフトスタンドにツーランホームランを打たれレイズが2点先制。3回裏は、2アウト1・2塁からフランコにツーベースヒットを打たれ2点を追加されこの時点でレイズが4対0。

4回表、1アウト1・2塁からバスケスがライト前にタイムリーヒットを打ち、レッドソックスが1点を返しましたが・・・あれ・・・バッターのバスケスが2塁手前まで来ており、キャッチャーが2塁に送球しバスケスは挟まれあえなくアウト。

続くダルベックにレフトにタイムリーヒットを打ちもう1点返す。続くバッターがヒット、四球でツーアウト満塁でキケがサードフライでスリーアウト。バスケスは、確かちょっと前の試合でも走塁ミスしていると思いますが・・・キャッチャーというポジションなんだから・・・走塁ミスはまずいでしょ(苦笑)結果的にはこの回の攻撃でもう一押しできなかったのが勝敗に直結しましたね。イタイ走塁ですね。

試合としては、レイズが4回裏に2本のホームランで2点追加。5回表裏に双方が1点づつ取りましたがレッドソックスが追いつけず、レイズが7対3で勝利。レッドソックスとしては、1度も追いつくことができず今日は完敗でしたね。ただ、澤村投手が7回に登場しました。澤村投手は復帰即登板となりました。先頭打者に四球後、ツーベースヒットを打たれ中継プレイでホームアウト!その後、2アウト1・2塁になりましたが最後は三振で0点に抑えています。中継プレイでの味方の好プレイに救われた格好ですが、ストレートの球速も97マイルくらいは出ていましたし、スプリットもそこそこお落ちていましたので、もう大丈夫ですね。明日からもファイト!!!

レッドソックスの先発ペレスは4回投げて6失点か・・・。正直、プレーオフを見据えてみても、レッドソックスの先発投手陣の内容を見ると、イオバルディは防御率3.49で9勝していますが、ピベッタは8勝していますが防御率は4.51。今日投げたペレスは防御率4.56。リチャーズは防御率5.15。エデュアルド・ロドリゲスは防御率5.60であり、其々勝ち星はそれなりについていますが、防御率が示している通りなので、これから重要な試合やプレーオフなどで投げるのは、イオバルディと8月中頃に復帰予定のクリス・セールになるのでは・・・

それから、トレードで獲得したシュワーバー選手がバッティング練習をしている姿が映っていましたが、復帰したら6月のように鬼に金棒みたいな活躍を期待しています😊😊😊

さあ、レッドソックスの先発は、イオバルディですね。明日は絶対勝つぞ(⌒∇⌒)

                                   レッドシャープ

コメント