レッドソックス対ヤンキースのダブルヘッダー第二試合はレッドソックス完封負けで痛い連敗!勝率でヤンキースに抜かれ3位に後退!

レッドソックス
スポンサーリンク

ダブルヘッダー第二試合】レッドソックスはネーサン・イオバルディが先発。ヤンキースはルイス・ギルが先発。

2回表、JDマルティネスがヒットで出塁。6番シュワバーが四球を選びノーアウト1・2塁のチャンス!ただ、7番キャッチャーのプラウェッキが三振。続くダランも空振り三振。9番ショーも空振り三振・・・。三者三振とは・・・トホホ(苦笑)

2回裏、7番ファーストのボイトが98マイルの高めのストレートを逆らわずライトに上手く打ち先制のソロホームランを打ってヤンキースが先制。

4回裏、先頭のスタントンが低めの変化球を上手くすくいレフトにソロホームランを打たれ、ヤンキースが2対0。やられた・・・( ノД`)シクシク…

5回表、先頭のダランがライト前ヒットで出塁。ショーは三振に倒れるものの、キケがセンタ前ヒットでランナー1・3塁。バードゥーゴはレフトフライ。ただ、レフトからの返球が良く3塁ランナーは帰れず・・・。う~む。ボガーツは四球でツーアウト満塁としたものの、デバースはセカンドゴロに倒れこの回もゼロ。嫌な感じ。

6回表もツーアウト1・3塁のチャンス!ダルベックの当たりは強烈なピッチャーライナー・・・。ヤンキースのピッチャーのペラルタがボールをグラブで叩き落とし・・・ファーストへ投げアウト!不運でしたね・・・。

7回表は、三者凡退に終わり試合は、ヤンキースが2対0で勝利。本日のダブルヘッダー二試合ともヤンキースが勝ち、勝率でヤンキースが2位、レッドソックスは3位に後退となりました。

今月に入り、レッドソックスは現時点で6勝12敗。6勝のうち3勝はオリオールズ戦ですし、7月末からのレイズ戦は3連敗、先週のレイズ戦も1勝2敗であり本日のヤンキース戦は●●。しかも負け方や内容が悪すぎ・・・。フラッグトレード期間に、先発ローテーションについて個人的には不安があったのですが、その不安が的中した感じ・・・嫌な雰囲気ですね・・・。このままズルズルいく可能性もありますね。やばい感じ・・・。

                                 レッドシャープ

コメント