レッドソックスあと1点及ばずマリナーズに4対5で敗れる!

レッドソックス
スポンサーリンク

【9月14日、レッドソックス対マリナーズ戦】プレーオフのワイルドカード争いの両チームにとって大事な3連戦の初戦。レッドソックスはエデュアルド・ロドリゲス、マリナーズはローガン・ギルバートが先発。澤村投手はコロナ感染から復帰しましたので、今日の登板はあるのでしょうか・・・。

1回裏、マリナーズは先頭バッターのクロフォードがいきなりツーベースヒットを打ち出塁。2番ハニガーはヒットで続き、ノーアウト1・3塁。3番フランスはファーストゴロ併殺打となるものの3塁ランナーが生還しマリナーズが1点先制。仕方ないですね。

2回裏、ヒット、四球などでノーアウト1・3塁から、7番マーフィーのショートゴロの間に3塁ランナーがホームに帰りマリナーズが1点追加し、2対0。

3回表、9番セカンドのイグレシアスが真ん中やや外側に入ってきた変化球を叩き、レフトにソロホームランを打ち、レッドソックスが1対2。

5回表、先頭の6番バードゥーゴがヒットで出塁。レンフローは三振でアウト。8番バスケスがライト前ヒットで1アウト1・3塁。前の打席でホームランを打ったイグレシアスが95マイルのストレートに詰まりながらもライト前にポトリと落ちるタイムリーヒットを打ちレッドソックスが2対2の同点に追いつく。今日はイグ様の日か・・・😊

7回裏、ツーアウトから9番バウアーズのファーストゴロをファーストのシュワバーがエラーでランナー1塁。1番クロフォードがヒットで繋ぐ。2番ハニガーが外側の変化球を上手く拾い33号となるスリーランホームラン!!!やられた・・・痛いなあ。エラーの後に失点ありですね・・・(苦笑)

8回表、ツーアウトから、3番ボガーツ、4番デバースの連続ホームランが出てレッドソックスが4対5と1点差まで点を詰めるが・。

ボガーツの21号ソロホームラン!
デバースの34号ソロホームラン!

9回表、三者凡退で終わり、試合は、レッドソックスが4対5で敗れました。7回裏のスリーランホームランが試合を決めましたね。これからは毎試合、毎試合がプレーオフに向けて大事な1戦1戦になってきますね。澤村投手はコロナ感染から復帰しましたので、今日の登板はありませんでしたが、明日以降の好投を期待しましょう。

                                   レッドシャープ

コメント