レッドソックス8回に一挙5点を取り8対4で勝利!シュワーバーが満塁から走者一掃の勝ち越しツーベース!

レッドソックス
スポンサーリンク

【9月15日、レッドソックス対マリナーズ戦】レッドソックスはイオバルディ、マリナーズはアンダーソンが先発。

1回裏、マリナーズは先頭のクロフォードがヒットで出塁するも、イオバルディが2番、3番、4番を三者連続三振に打ち取り気迫みなぎる投球でスタート!👏

4回表、1アウトからJDマルティネスの打席。フルカウントからレフトに大きな当たり・・・ファウル!惜しかった・・・ただ、次の92マイルの真ん中近くに来たボールを叩くとレフトセンター間に26号となるソロホームランを打ちレッドソックスが1点先制。JDナイスホームラン😊

4回裏、マリナーズは先頭のハニガーがヒットで出塁。3番シーガーもヒットでノーアウト1・2塁のチャンス。4番フランスが外角の難しい変化球に食らいつきセンター前に落ちるタイムリーヒットを打ちマリナーズが1点返す。

次の5番トロはライトフライを打ち上げるが・・・レッドソックスのライトのレンフローがまさかの落球でランナー2・3塁。あら!

ひとり打ち取るが7番フレーリーにセンターフライを打たれ犠牲フライとなりマリナーズに1点入りマリナーズが逆転し2対1。

6回表、2アウト後、6番ダルベックがライトに22号となるソロホームランを打ち試合は2対2の同点。上手く右に打ちましたね😊

8回表、先頭のボガーツがライトに大きな打球を打ちスリーベースヒットで出塁。ふたつの四球が絡み1アウト満塁。7番シュワーバーが外側の95マイルのストレートをセンターとライトの間にライナーのツーベースヒットを打ち走者一掃で3点が入りレッドソックスが5対2。シュワーバーだけにシュワーなバッティングでしたね😊😊😊

続くバードゥーゴが13号となるツーランホームランを打ちこの回大量5点!ナイスホームラン😊

9回表にも、JDマルティネスにタイムリーヒットが出てレッドソックス1点追加。

9回裏、レッドソックスのマウンドには復帰後初登板となる澤村投手が登板。先頭の6番ケリニックを空振り三振で1アウト。7番フレーリーは打ち取った打球も一ゴロエラーで出塁。その後、トーレンス、ラリーに連打を浴び1死満塁になったところで降板となりました。代わったデービス投手は犠牲フライとタイムリーヒットで2点取られましたが、最後はレッドソックスが8対4で勝利しました。レッドソックス打線は11安打8打点、ホームラン3本と繋がりましたね。毎試合サバイバルな感じなってきましたね。澤村投手はエラー絡みがあったとはいえ、最速97マイルのストレートを投げていましたので明日以降、問題はないでしょう。

                                    レッドシャープ

コメント