レッドソックス延長10回に一挙6点取り9対4で勝利!ワイルドカードは3チームがゲーム差なしで熾烈を極める!

レッドソックス
スポンサーリンク

【9月16日、レッドソックス対マリナーズ戦】

1回表、1アウトから2番レンフローがレフトセンター間に28号となるソロホームランを打ちレッドソックスが1点先制。ナイスホームラン😊

2回表、1アウトからシュワーバーが四球で出塁後、7番ダルベックがツーベースヒットを打ちランナー2・3塁。8番プラウェッキのファーストゴロの間に3塁ランナーが生還しレッドソックスが1点追加する。さらに続く9番イグレシアスがセンターにツーベースヒットを打ちさらに1点を追加しレッドソックスが3対0。イグ様ナイスツーベース!😊

3回裏、マリナーズは1アウト後、8番、9番の連続ヒット・・・ライトのレンフローが3塁に送球するが悪送球となり3塁ランナーがホームに入りマリナーズが1点返す。1番クロフォードが四球で繋ぎ暴投などもあり2アウト2・3塁。3番シーガーはレフトにツーベースヒットを打ち2点が入り3対3の同点!

4回以降は、双方のピッチャーが踏ん張り9回までゼロ行進。試合は延長に突入しました。

10回表、延長戦はノーアウト2塁からスタート。レッドソックス先頭のバードゥーゴがヒットでランナー1・3塁。2番レンフローの打席・・・1ボールからの2球目が高めにキャッチャーが後逸する間に3塁ランナーが帰りレッドソックスが1点勝ち越し。レンフローは結局、四球で出塁。ボガーツがヒットで1アウト満塁。デバースのファーストゴロで2アウト。JDマルティネスはショートへの内野安打で1点追加し満塁。続くシュワーバーはフルカウントからライト前タイムリーヒットを打ち2点追加。ダルベックが四球後、バスケスがツーベースヒットを打ちさらに2点追加・・・。この回一挙6点をあげ勝負あり!

↑キャッチャーミットを弾く・・・レッドソックスが1点勝ち越し!
JDマルティネスはショートへの内野安打で1点追加!
シュワーバーはツーベースヒットを打ち2点追加!
バスケスは外角のボール球に食らいつきツーベースヒットでさらに2点ゲット!

10回裏、マリナーズが1点返したもののレッドソックスが9対4で勝利しました。10回の繋ぎながらの6点は見事でしたね!😊😊😊ワイルドカード争いは、レッドソックス、ヤンキース、ブルージェイズがゲーム差なしで熾烈を極めてきましたね。1戦1戦がもう総力戦になってきましたが1戦必勝でレッドソックス頑張れ!本日は澤村投手は登板しませんでしたが、明日は移動日で休みなのでリフレッシュしてファイト!

                                  レッドシャープ

コメント