レッドソックス3対8で敗れる!3回までに大量7点取られ完敗!デバースのスリーランホームランで完封負けを逃れるのが精一杯!

レッドソックス
スポンサーリンク

【9月25日、レッドソックス対ヤンキース戦】レッドソックスはイオバルディ、ヤンキースはコールが先発。

1回表、ヤンキースは先頭のラメーヒューがヒットで出塁。2番リゾもヒットで1・2塁。3番ジャッジはツーベースヒットを打ちヤンキースが1点先制。4番スタントンのショートゴロの間に3塁ランナーが帰りさらに1点追加。2アウト3塁からトーレスがセンター前ヒットでもう1点入り、ヤンキースはいきなり3点リード。

↑ジャッジの先制点となるツーベースヒット
↑トーレスのセンター前タイムリーヒット

3回表、先頭のリゾはツーベースヒットを打ちランナー2塁。ジャッジは四球で1・2塁から、4番スタントンにライトスタンドにスリーランホームランを打たれヤンキースが6対0。痛すぎる3点。

↑スタントンのスリーランホームラン! 

さらに2アウト1・2塁となったところでレッドソックスは先発のイオバルディを諦め、澤村投手にスイッチ。9番ヒガシオカに対し内角のボールを詰まらせ内野フライに打ち取るが・・・ファストのシュワーバーが捕れない?!声の連携ミスでしょうが・・・もう試合の流れ的には致命的なミス!結果的には内野安打となりヤンキースはもう1点入れ、この回合計4点入りヤンキースが7対0。

↑澤村投手はヒガシオカを内野フライに打ち取るが・・・
↑シュワーバーがあれ捕らない?!1点を献上

レッドソックスは6回裏に1アウト1・3塁から、デバースが低めのボールを上手く捉え35号となるスリーランホームランを打ち3点返すものの・・・

7回表、トーレスのソロホームランが出てヤンキースが8対3。試合は、そのままヤンキースが8対3で勝利しました。今日の試合に関しては、イオバルディが大量失点でノックアウトされた3回で勝負が決まってしまいましたね。もう少し接戦になると期待したのですが、スタントンに打たれたスリーランホームランが痛かったですね。明日、明後日もヤンキース戦なので何とか連勝して欲しいですね。

                                    レッドシャープ

コメント