大谷翔平 6回8三振無失点の好投するも味方の援護なく勝敗付かず!試合は7回裏シーシェクが四球、四球、続くバッターにど真ん中にスライダーを投げスリーランホームラン打たれジエンド!エンジェルスの中継ぎ酷過ぎ!

大谷翔平
スポンサーリンク

本日のエンジェルス対アスレチック戦。大谷投手が先発&2番に入り二刀流!!!今日は久しぶりにライブで視聴しました。

1回、ストレート表示は95マイルを計測。初回は少し変化球に甘い球もありましたが、その後、変化球も徐々に落ちついてきて、三者凡退に仕留めまずまずの立ち上がり。

3回表、ツーアウトから、1番フレッチャーがヒットで出塁し、バッターは大谷選手。大谷選手の打った打球はあっという間にセンターを超え、ツーベースヒット。

1塁のフレッチャーは激走し、ホームでのクロスプレー・・・アウト!! 惜しかったですが、ツーアウトなので仕方ないでしょうね。

3回裏、2アウト2・3塁とピンチを迎えましたが、3番ネルソンをセカンドゴロに仕留めゼロ行進は続く。ピンチになるとストレートの球速も早くなりますし、ギアチェンジは見事ですね😊ただ、エンジェルス打線も沈黙。3回表に、エンジェルスが先制していれば・・・(苦笑)

大谷投手は、結局6回裏まで投げ、被安打3無失点の8奪三振であり、好投と言って良いでしょう。勝たせてあげたかったですね。

7回裏、大谷投手からシーシェックに投手交代。大谷選手はライトに回りました。シーシェックは四球、四球をいきなりピンチ。次のラウレアーノに対し、2ボール2ストライクから投げたスライダーが甘い球・・・ど真ん中に・・・ラウレアーノにスリーランホームランを打たれ均衡が破れ。あの場面で四球、四球、ど真ん中に変化球を投げ・・・。酷い内容でしたね。

大谷選手は、8回表に最後の打席を迎えマーシュましたが内野フライでベンチに下がりました。

9回表、エンジェルスは、マーシュにこの日3安打目となるツーベースヒットが出て1点返したものの、試合は、アスレチックが、4対1で勝利しました。やはりエンジェルスの中継ぎは・・・この先も難しい雰囲気ですね・・・(苦笑)大谷君がオーナーに直接『良いピッチャー3人くらい取って下さい。』と直訴しないとダメかな・・・

        レッドシャープ

コメント