大谷翔平7回2失点の好投で9勝目!ピンチでは100マイルのストレート出す大谷エンジン凄すぎ!2ケタ勝利&2ケタホームランに王手!

大谷翔平
スポンサーリンク

【9月4日のエンジェルス対レンジャース戦】大谷翔平選手は投手&2番でリアル二刀流登板。

1回表、2アウト1塁。4番ローが外角のボールをピッチャー返しで打ち返すと・・・大谷投手に当たりトレーナーが駆け寄る。右肩?右手に当たったようですが続投しゼロに抑えピンチを乗り切るスタート!大丈夫か・・・。

1回裏、1番フレッチャーがヒット。2番大谷選手はセカンドゴロ。3番ゴスリンの時にフレッチャーが3盗塁成功後、ゴスリンがレフト前ヒットでエンジェルスが1点先制。

4番ウォルシュの時、1塁ランナーが盗塁した後、ウォルシュがレフト前ヒットでエンジェルスが2点目を取る。シフトを敷いていなればショートゴロでしたね。

2回表、7番ソラックがヒットで出塁後、8番マーティンがライトスタンドにツーランホームランを打ち2対2の同点。96マイルのインサイドよりのストレートで甘めのコースですが打った方を褒めましょう。

4回表、ヒット、ツーベースヒットを打たれ1アウト2・3塁のピンチの場面。その前の打席でホームランを打たれているマーティンに対し、最後は100マイルの外角高めの直球で空振り三振に仕留める。9番タベラスにも100マイルを2球投げ込んで一塁ゴロに抑えてゼロに抑える。100マイル早いしピンチにギアを上げられる・・・大谷エンジン凄すぎ😊

6回裏、エンジェルスは2アウト2・3塁から7番スタッシの当たりはショートへの内野安打でエンジェルスが3対2で勝ち越し。

大谷投手は、7回の2アウト1・2塁のピンチも抑え、結局7回を投げ切り交代。7回で100マイル出るなんて・・・信じられないですね。球数117球8奪三振2失点の好投。8回はシーシェク、9回はイグレシアスが0に抑えエンジェルスが3対2で勝利しました。大谷投手は9勝目をゲットし、2ケタ勝利に大手になりました。本当に凄いですね😊バッティングは4打数ノーヒットでしたが、これだけ球数なげピンチでは100マイル出すのですから恐れ入りました。

                                   レッドシャープ

コメント