大谷翔平6連勝で7勝目打つ方は3打数1安打!ゲレーロjrとの直接対決は2打数1安打1四球!エンジェルスが6対3で快勝!

大谷翔平
スポンサーリンク

本日のエンジェルスはブルージェイズとの対戦。ゲレーロjrとのMVP候補の直接対決が注目されます。大谷投手は1番ピッチャーで二刀流の試合です。

1回裏、先頭の大谷選手がレフトオーバーのツーベースで出塁。後続が続かずこの回は0点・・・。最低1点は取らないと・・・。

2回裏、1アウト2・3塁のチャンスからキャッチャーのカートスズキの犠牲フライで1点先制。続く大谷選手、フレッチャーが連続四球で満塁のチャンスにウォルシュがセンター前にタイムリーヒットを打ち2点追加。これで大谷投手もピッチングが楽になりましたね。

4回表、先頭のセミエンに四球を出し、ゲレーロjrは三振に打ち取ったものの1アウト2塁から4番ヘルナンデスにタイムリーヒットを打たれ1点取られる。6番グリチェクにはツーベースヒットを打たれもう1点取られこの回2失点。この回だけで暴投が二つと少し荒れましたが、4回以外は危なげなし。結局、大谷投手は6回99球を投げて4回に失った2失点のみでまとめました。最後の6回には、ゲレーロjrの打席で99マイル出ていましたので流石ですね😊

大谷投手の後は、ウォーレン⇒イグレシアスで試合を締め、エンジェルスが6対3で勝利。大谷翔平は、6連勝で7勝目となり、2か月半負けなしとなりました。6三振で防御率は2・93。もう少しチームが貯金生活してプレーオフ戦線の中で戦えていれば、もっと良かったですが・・・。そこだけ残念!明日も出場するのかな?!マドン監督・・・適度にお休みさせてください。

                                    レッドシャープ

コメント