エンジェルス一時8点差から大逆転勝ち!大谷さん半日休んだだけで本日も出場し3打数2安打2四球2得点1打点でチームに貢献!OH サンタマリア!!!

大谷翔平
スポンサーリンク

本日のエンジェルス対タイガース戦はデーゲームなので、昨日登板した大谷選手は半日の休養で本日も1番DHで出場。本当に出るだけでも凄いこと・・・。

1回、大谷選手の第一打席はライトフライ。

1回裏、タイガースは、主砲のミゲールカブレラのタイムリーヒットで1点先制。その後、内野ゴロの間にもう1点入りタイガースが2点リード。

2回表、エンジェルスは6番アデルが四球の後、マーシュにスリーベースヒットが出て1点入る。続くスタッシーの内野ゴロの間に1点入り2対2の同点。

ただ、2回裏、タイガースも猛攻。7番ショートのソロホームランで1点追加後、4連続ヒットでもう1点入り、満塁からミゲールカブレラのツーベースヒットで3人が帰りこの回合計で5点を取りました。

3回表、先頭の大谷選手は内角の95マイルを上手くライト前にヒット。ただ後続が続かずこの回は0点。

タイガースは4回裏に2点、5回裏には1点追加し、5回終わった時点でタイガースが10対2で8点リード。この時点でタイガースファンもエンジェルスファンもほとんどの方はタイガースが勝つと思っていたでしょう・・・。

6回表、エンジェルスの攻撃。先頭のスタッシーがヒットで出塁。イグレシアスがセカンドライナーで1アウト。大谷選手はボテボテの内野安打で繋ぎ1・2塁。フレッチャーがライト前ヒットで1アウト満塁。ゴスリンがヒットで1点返した後は、ウォルシュ・アプトンが連続押し出し。アデルのショートゴロの間にもう1点。マーシュがセンターオーバーのスリーベースヒットで2点追加でこの回6点取って8対10の2点差。

7回表、1アウトから大谷選手が四球で出塁。フレッチャーが倒れた後、ゴスリンがヒットで1・2塁。ウォルシュがツーベースヒットを打ちエンジェルスが9対10で1点差!!!

8回表、1アウトからマーシュが四球で出塁。スタッシーがレフトにツーランホームランを打ちついにエンジェルスが逆転!!!8点差をついに逆転!凄すぎ・・・。

逆転ホームランを打たれたタイガースのフルマー投手は茫然自失↓↓↓

テレビのアナウンサーも『OH!サンタマリア・・・』と絶叫!そりゃ叫びますよね(苦笑)

スタッシーのホームラン後、イグレシアスがツーベスヒット⇒盗塁で3塁まで達した後、大谷選手がセンターフライを打ち貴重な1点を追加!大谷選手1打点ゲット!

9回表には、ゴスリンにソロホームランが出てダメ押しとなり、エンジェルスが13対10で大逆転勝利となりました。一時2対10の8点差からの大大大逆転なので凄い。大谷選手は3打数2安打2四球2得点打点であり、チームの大逆転勝利に貢献しましたね。本当に野球の恐ろしさを感じた一戦でした。

                                 レッドシャープ

コメント