エンジェルスはパドレスに3安打のみで完封負け!大谷さんも4打数ノーヒット!内容もイマイチ

大谷翔平
スポンサーリンク

8月28日、エンジェルスはパドレスとの対戦。大谷選手は1番DHで先発出場。

1回裏、大谷選手の第一打席。フルカントからの内角の変化球を打ち上げレフトフライ。詰まっていますね・・・。

2回表、パドレスは1アウトから、グリシャム金河成の連続ヒットで1アウト1・2塁から8番プロファーがカウント1-3から真ん中にスッと入ってきた変化球を思い切ってライトに引っ張りスリーベースヒットを打ち、パドレスが2点先制。

9番マリズニクはレフト前にヒットを打ち1点追加し、パドレスはこの回合計3点。

3回裏、大谷選手の第二打席。1ストライクから2球目の変化球を引っ掛けボテボテセカンドゴロ。セカンドのグラブトス・・・上手いですね。

5回表、パドレスはノーアウト1・2塁から、5番ノラのレフト前ヒットで1点追加。

さらに続くグリシャムのファーストゴロを1塁手がセカンドに送球しセカンドはアウト。ショートのイグレシアスがファーストに投げたボールが悪送球となりさらに1点追加となり、パドレスが5対0。

大谷選手の第三打席は6回の先頭バッターでしたが2-2から内角の変化球を打ち上げセンターフライ。8回裏の第四打席は内角のボール気味のストレートをレフトフライに倒れる。

試合は、結局、パドレスが5対0で勝利。エンジェルスは完封負けで3連敗。3安打しか打てなければ仕方ないですね。大谷選手は4打数ノートヒット。今日は変化球になかなかタイミングが合わずいい当たりなし。バットの振りも鈍い感じ・・・まあ今日は仕方ないでしょう。

                                     レッドシャープ

コメント