エンジェルス完封負け大谷さんも本日は4打数ノーヒット!第3打席の判定はストライク三振も実際はボールで四球でしょ?!

大谷翔平
スポンサーリンク

【9月7日、エンジェルス対レンジャース戦】大谷選手は本日も2番DHで先発出場。エンジェルスはバリア、レンジャースはアレクシが先発。

1回表、レンジャースはいきなりヒット、四球で1・2塁のチャンス。1アウト後、4番ピーターズの当たりは詰まったもののファーストとライトの前にぽとりと落ち、レンジャースが1点先制。

2回表、2アウト3塁から、1番エルナンデスがショート左に鋭い当たりを打ちセンター前ヒットで1点入り、レンジャースが2対0。

レンジャースは7回にも1点、9回にも1点追加し、結局、試合はレンジャースが4対0で勝利しました。エンジェルスは完封負け。エンジェルスは5安打じゃ勝てませんよね。大谷選手は、第一打席はカウント2-2からレフトフライ。3回の第二打席はカウント2-2から三振。6回裏の第三打席はフルカウントからのボールは・・・外角に外れているように見えましたが・・ストライクで見逃し三振!スローで見るとボールで四球なのですが・・・。

キャッチャーミットの場所もボールゾーンでしたが・・・↓↓↓

8回裏、大谷選手の最後の打席は2アウト3塁。ピッチャーは元ⅮeNAのパットンとの対決でしたが、2ストライクからの内角のストレートに詰まりサードフライ。大谷選手は4打数ノーヒット。どうもバットの振りが鈍く、ボールを打ちにいくとこにも少し遅れている感じですね。疲れているには間違いないでしょうね。

                                  レッドシャープ

コメント