エンジェルスはパドレスに4対0で完封勝ち!大谷選手は代打で内野安打!エンジェルスは6回までパドレスのスネルに完全に抑えられたもののアデルのタイムリーヒットで均衡破り投手陣は4人のリレーでゼロに抑える!

大谷翔平
スポンサーリンク

【9月8日、エンジェルス対パドレス戦】パドレスの本拠地での試合のため、大谷選手はベンチでの控え。エンジェルスはノートンが先発。パドレスはスネルが先発。

5回までは先発両投手の投げ合いでゼロ行進。エンジェルスは6回からノートンからハーゲットに投手交代。6回もゼロ行進。気が付けば、スネルは6回までエンジェルス打線に対し、ランナーを一人も出さない完全試合のペース。

7回表、エンジェルスはフレッチャーが四球で出塁。これで完全試合が無くなる・・・。スネルは判定に不服のようでしたが・・・よく見るとちょっとボールですね。2番レンヒフォが送りバントを決めて1アウト2塁。3番ゴスリンは三振に倒れたものの、4番メイフィールドが四球後⇒盗塁し2アウト2・3塁から、アデルがレフト前にタイムリーヒットを打ちエンジェルスが2点先取。

8回表、1アウトから代打、大谷選手が登場。初球の厳しい内角のボールを打ち詰まった当たりでしたが内野安打。後続が続かず本日の大谷選手はここまで・・・。

9回表にもレンヒフォのソロホームラン等などで2点を追加し、結局、エンジェルスが4対0で勝利しました。

明日のパドレスの先発はダルビッシュ有の予定なのですが、バッター大谷選手との対戦があるでしょうか?対戦見たいですが・・・。

                                   レッドシャープ

コメント