エンジェルスは4対2でアストロズに勝利!大谷選手は4打数1安打1得点で勝利に貢献

大谷翔平
スポンサーリンク

【9月12日、エンジェルス対アストロズ】昨日、登板した大谷選手は2番DHで先発出場。

1回表、1番フレッチャーがヒットで出塁。2番大谷選手の第一打席。カウント1ストライク1ボールから3球目のストレートを引っ張りライト前にヒット!イイ当たりでしたね。

3番アデルがライトフライで1アウト後、4番ウォルシュがレフトに大きなツーベースヒットを打ちエンジェルスが1点先制。続くレンヒフォがセカンドゴロの間に3塁走者の大谷選手が帰ってさらに1点追加。

3回表、先頭のアデルがヒットで出塁。4番ウォルシュが三振したものの、5番レンヒフォが打った瞬間ホームランと分かるツーランホームランを打ちエンジェルスが2点追加し4対0

アストロズは4回裏、満塁からグリエルのショートゴロの間に1点を返すものの、エンジェルスのスアレスの前になかなか得点が奪えず・・・。

9回裏、エンジェルスは抑えのイグレシアスが登板。1アウトからヒットと四球などがあり1アウト1・3塁のピンチから、9番キャッチャーのスタッブスにツーベースヒットを打たえ1点取られ、ランナー2・3塁と一打同点のピンチとなるものの、何とか後続を打ち取りエンジェルスが4対2で勝利しました。

第一打席以降の大谷選手は、2回の第二打席はボテボテのセカンドゴロ。4回の第三打席はライトフライ。6回の第四打席はファーストゴロ。9回の第五打席は四球でした。ヒット以外の打席はあまりタイミングが合っておらず、振りも鈍い感じでしたが・・・昨日投げているので仕方ないですね。

                                   レッドシャープ

コメント