大谷翔平3打数1安打1四球!エンジェルスは1対3でアストロズに敗れる!

大谷翔平
スポンサーリンク

【9月13日、エンジェルス対アストロズ戦】大谷翔平は2番DHで先発出場。

1回表、先頭バッターのフレッチャーがヒットで出塁。大谷翔平の第一打席は四球を選び1・2塁とチャンスを広げるも後続が打たずエンジェルスは得点ならず・・・

1回裏、アストロズの先頭バッターのアルトゥーベがヒットで出塁。その後、1アウトから四球となり1アウト1・2塁から、4番グリエルがセンター前ヒットを打ちアストロズが1点先制。

2回から4回までは双方ゼロ行進。

5回表、1アウトから9番レガレスがレフトスタンドにソロホームランを打ち1対1の同点。

5回裏、4番グリエルがヒットで出塁後、5番タッカーがライトスタンドに25号ツーランホームランを打ちアストロズが3対1と再びリード。

8回表、先頭バッターが四球で出塁。1アウト後、大谷選手の第四打席。ここまで第二打席目はセカンドゴロ、第三打席はファーストゴロに倒れているので安打が欲しいところ。1ストライク1ボールからの三球目を上手く引っ掛け気味にライト前ヒットで出塁。ただ、後続が続かずエンジェルスはこの回も得点ならず・・・。

試合は結局そのまま終わり、アストロズが3対1で勝利しました。大谷選手は3打数1安打1四球でした。最後の打席にヒットを打ちましたがそれまでの打席では変化球にタイミングが合っておらず調子は良くないでしょうね。トロントブルージェイズのゲレーロjrが本日、44号のホームランを打ってホームランダービーで大谷選手と並んでしまいました。明日以降、大谷選手のホームランを期待しましょう!

                               レッドシャープ

コメント