エンジェルス3対9で敗れる!大谷翔平4打数ノーヒット1四球! 振りは鈍くタイミングも合っておらず本日は音無し!

大谷翔平
スポンサーリンク

【9月15日、エンジェルス対ホワイトソックス戦】大谷選手は2番DHで先発出場。

1回表、大谷選手は2ストライク2ボールから内角の95マイルのストレートを空振り三振!ただ、次の3番ゴスリンがレフトに先制のソロホームランを打ち、エンジェルスが1点先制。

2回裏、ホワイトソックスは1アウト後、6番ロベルトがレフトにソロホームランを打ち1対1の同点。低めのボールを上手く打っていますね。

さらに次の7番ガルシアがツーベースヒットを打った後、8番シーツのヒットで1点入り、ホワイトソックスが2対1と勝ち越し。

3回表、フレッチャーがレフトに大きな当たり・・・完全にホームランの当たりでしたがホワイトソックスのレフトのヒメネスがジャンプ一番ナイスキャッチ!!!ナイスプレイ👏フレッチャーはホームラン1本損しましたね。

3回裏、2アウト2・3塁。7番ガルシアのヒットで1点追加。続く8番シーツがライトにスリーランホームランを打ちホワイトソックスが6対1と5点のリード!ゲーム展開としては致命的か。

4回表、2番大谷は見逃し三振!タイミングが合っていませんね。ゴスリンが四球で出塁後、ウォルシュがライトにツーランホームランを打ちエンジェルスが3対6。上手く打ちましたね。

ただ、4回裏に1点、5回裏にも2点取られる。6回以降は、双方得点なし・・・。試合は結局、ホワイトソックスが9対3で勝利しました。流石に中地区首位!

大谷選手は5回表の第三打席には四球で出塁したものの、7回表の第四打席はサードゴロ、9回の第五打席は泳ぎながらの空振り三振に終わり、本日は四打数ノーヒット1四球。しかも振りが鈍くタイミングも合っていないので打撃内容としては明らかに疲れによる不調といっても良いかもしれませんね。

コメント