エンジェルスが3対2で勝利するも大谷選手は5打数ノーヒットで快音なし!

大谷翔平
スポンサーリンク

【9月16日、エンジェルス対ホワイトソックス戦】大谷選手は2番DHで先発出場。

1回表、大谷選手の第一打席。フルカウントからのチェンジアップに空振り三振。

3回表、1アウト1・2塁のチャンスで大谷選手に打順が回るも・・・ファーストゴロでアウト。次のゴスリンがサードへのゴロ・・・サードが1塁へ送球しアウトの判定も・・・微妙なタイミング・・・ビデオ判定の結果はセーフで3塁ランナーが帰りエンジェルスが1点先制。

4回裏、ホワイトソックスは先頭の2番モンカダがライトにソロホームランを打ち1対1の同点。

6回表、1アウト後、マーシュがヒット、レガレスもヒットで繋ぎ1アウト1・3塁となり、9番レンヒフォの犠牲フライでエンジェルスが2対1と1点勝ち越し。

6回裏、1アウト後、アブレイユがツーベースヒットで2塁。グランダルがライト前ヒットで2塁ランナーが帰り2対2の同点。

8回表、2アウトから7番マーシュがソロホームランを打ちエンジェルスが3対2とし再びリード。

その後8回裏9回裏のピンチを何とか凌ぎ、エンジェルスが3対2で勝利しました。ただ、大谷選手は5打数ノーヒットで快音なく、ホームラン王に向けて厳しい雰囲気になってきましたね。これだけ試合に出続けていると疲労感は拭えないですが、何とか最後まで頑張って欲しいですね。

                                    レッドシャープ

コメント