大谷翔平8回2失点10奪三振の好投も味方の援護なく10勝目ならず!内容的には勝ちに等しい内容!スプリットでバタバタ三振奪う!

大谷翔平
スポンサーリンク

【9月20日、エンジェルス対アスレチック戦】大谷選手は2番投手でリアル二刀流!

1回表、大谷投手の立ち上がり。レフトフライ、空振り三振、空振り三振で三者凡退。2番マルテの三振の場面・・・外側のスライダーは完全なボール球でしたが切れていたので振っちゃった感じ!

1回裏、大谷選手の第一打席は四球。

3回表、アスレチックは先頭バッターの8番ゴームスが真ん中付近に入ってきたスライダーをセンター方向にソロホームランを打ちアスレチックが1点先制。失投と言えば失投ですが打った方を褒めましょう。

エンジェルス打線は大谷選手を含めなかなか打てず・・・。3回裏、マーシュがツーベースでエンジェルス初ヒットとなりましたが、大谷選手が敬遠四球の後、ゴスリン三振で3回裏もゼロ。

4回表、1アウト後、6番チャプマンが初球の95マイルのストレートを打たれソロホームラン!アスレチックが2対0。コースはど真ん中ですが・・・仕方なし。

ただ、大谷投手は失投で2失点ですが、それ以外はスプリットがキレキレでしたね。

大谷投手のスプリットがバットの下を通過!

6回裏、先頭の大谷選手がセーフティーバンドを試みましたが・・・間一髪アウト!惜しかった・・。

8回表、大谷投手は四球、四球、死球で1アウト満塁と大ピンチを迎えますが、5番ローリーをショートフライで2アウト。本日ホームランを歌えているチャプマンに対し、最後はスプリットで三振を奪い思わず雄叫びしながらガッツポーズ!!!よっしゃ😊

8回裏、大谷選手の最後の打席は外側の変化球に対し空振り三振。大谷選手はこの回まで・・・。

9回裏、エンジェルスは先頭のゴスリンがツーベースヒットで出塁。1アウト2・3塁から6番ロハスがライト前ヒットでまず3塁ランナーが生還。セカンドランナーのウォルシュは3塁でいったん止まったものの、ライトからの送球が乱れたのを見て、再び走り出しホームに帰り2対2の同点。いや~ウォルシュ足が遅いし打球の判断が悪すぎ・・・。そもそも止まる場面じゃないでしょうが・・・。まあ結果オーライとなり、とりあえず大谷投手の負けは無くなりました。試合はそのまま延長戦へ。

エンジェルス何とか同点に追いつき大谷投手の負けが消えました!

10回表、エンジェルスは抑えのイグレシアスが登板。先頭の4番キャンハにヒットを打たれノーアウト1・3塁のピンチ。5番ローリーはレフトに犠牲フライを打ち、アスレチックが1点勝ち越し。結局、試合はアスレチックが3対2で勝利。大谷投手の負けは無くなりましたが、エンジェルスの反撃遅すぎましたね。本日の大谷投手は8回2失点10奪三振の好投!投球内容的には勝ちに等しい内容でしたので、本当に残念でしたね。大谷選手の打撃は2打数ノーヒット、2四球。ホームランがなかなか出ないですね。

                                    レッドシャープ

コメント