大谷翔平3打数ノーヒット!9試合連続ホームランなし!エンジェルスが2対1で勝利となりマリナーズは痛い敗戦!

大谷翔平
スポンサーリンク

【10月2日、エンジェルス対マリナーズ戦】大谷選手は2番DHで先発出場。マリナーズはプレーオフ争い真っただ中なので、負けられない試合です。

1回表、大谷翔平の第一打席。2ストライク2ボールからセンターフライでアウト。

2回裏、2アウト1塁から、7番ケリニックがツーベースヒットを打ち1塁ランナーが一気に帰りマリナーズが1点先制。

3回表、ヒットと四球でノーアウト1・2塁からマーシュのタイムリーツーベースでエンジェルスが2点を取り逆転。続く大谷選手はノーストライク3ボールとなったところで申告敬遠。

5回表、大谷選手の第三打席は、打たされてセカンドゴロ。

7回裏、マリナーズはノーアウト1・3塁の大チャンスとなりましたが、ここで代わったエンジェルスのキハダ投手が空振り三振、空振り三振、見逃し三振と三者連続三振に打ち取りマリナーズは1点も捕れず・・・。この回キーポイントでしたね。キハダ投手・・・来年は飛躍するかも・・・。

8回表、大谷選手の第四打席は、フルカウントから95マイルの外角高めのストレートを空振り三振。

試合は、そのままエンジェルスが2対1で勝利となり、マリナーズは痛恨の一敗となってしまいました。マリナーズのプレーオフは難しいかもしれませんね。大谷選手は3打数無安打1四球となり9試合ホームランなしとなりましたので、ホームラン王は絶望的になりましたね。まあ、怪我なくシーズンを終われそうなので、良しとしましょうか。

                                 レッドシャープ

コメント