大谷翔平37号スリーランホームラン!ホームラン独走!打点との二冠も視野にエンジェルス中継ぎはボロボロ!

大谷翔平
スポンサーリンク

本日のエンジェルス対ロッキーズ戦。1回表、ロッキーズは、ストーリーにツーランホームランが出て2点先制。

1回裏、大谷選手の第一打席はライト前ヒットで出塁。2アウト1・2塁からイグレシアスのレフト前タイムリーヒットが出て、大谷選手が生還しエンジェルスが1点返す。

4回表、ロッキーズが1点追加。

5回裏、2アウト1・2塁から大谷選手が37号スリーランホームランが出て、エンジェルスが4対3で一挙に逆転。少し低い弾道でしたが、一気にボールが飛んでいきましたね。観客のMVPコールは最高ですね😊😊😊

ホームランを打った瞬間・・・ホームランを確信した後、バットを放り投げる姿・・・超カッコよすぎ😊😊

この回は、アプトンがツーランホームランを打ち合計5点。続く5回には、スタッシーにソロホームランが出て、この時点でエンジェルスが7対3。今日の試合展開であれば、このまま勝たなければいけない展開でしたが、7回か出てきたシーシェック、ワトソンが打たれ、あれよあれよと8回には7対7の同点にされてしまいました。エンジェルスの中継ぎ投手の劇場・・・。酷過ぎ。プレーオフを目指せる中継ぎ陣ではありませんね。大谷選手が逆転ホームランを打ってそのまま勝ち切らないといけない試合でしょう。まあ、8回裏に、フレッチャーと大谷選手が出塁した後、ゴスリンの勝ち越しタイムリーヒットが出て、エンジェルスが8対7で何とか勝ちましたが・・・中継ぎ陣の弱さをもろに露呈した試合ですね。ただ、最後何とか勝ち越しして勝てたのは良かったですね。

                                レッドシャープ

コメント