I Love Youの日=8月31日! 8つのアルファベットと3つの単語、1つの意味(愛してる)!たまにはパートナーに『愛してるよ』と言ってみて下さい!

日記
スポンサーリンク

【8月31日はI Love Youの日】

日本人には8月31日と聞いてもピンとくる人はまれだと思いますが、英語圏では、831をI Love Youの隠語とすることがあるそうです。一般の日本人の方からすると???となりますよね。英語で表現すると・・・

 LOVE YOU 文字は8文字。単語は3つ。一つの意味(愛してる)。つまり831ということで英語圏では、 ILOVEYOU =831は広く知られているそうです。アメリカなどではメールの最後に831❤を付けて送信することもあるそうです。そうしたことから、日本記念日協会が『8月31日をI Love Youの日』として認定・登録しました。

欧米の方は、日常的な愛情表現として 『I Love You』をよく使っていますが、日本人で 『I Love You』 『愛してる』とダイレクトな表現で恋人やパートナーに使っている方の方が少ないですよね。どうしても日本人の気質からするとハードルがかなり高いですよね。ただ、欧米の『I Love You』の日に限らず、たまにはきちんと言葉により愛情表現を伝えることはとても大事なことだと思います。特に女性に対し、ダイレクトな愛情表現を使うことでお互いの愛情が深まれば、女性らしさを作るホルモンであるエストロゲンの分泌が促され美容効果が出てくるかもしれませんし、神経伝達物質のひとつであるオキシトシンの分泌が促されると、幸せな気分になる、ストレス緩和、不安や恐怖心の軽減、学習意欲の高まりなどのさまざまなプラスの効果が期待されます。仲の良い夫婦が手を繋いで歩いている光景を見ると奥様の方が活き活きしている姿を見ることがあるのも頷けますよね。

I Love You の日に限らず、たまには、パートナーに『愛してるよ』、『大好きだよ』などと言ってあげて下さい。言葉で伝えるが難しいなら、時々、素敵なお花を買って帰ったり、二人の思い出のレストランで食事をしたり、美味しいスイーツを買って帰ったりしてあげて下さい。パートナーに対しての愛情や感謝の気持ちを示すことですが1番大事なことではないでしょうか。ぜひ、 たまには『I Love You 作戦』してみて下さい。

                                 レッドシャープ

コメント