肉のハナマサの『お肉屋さんのハンバーグ』はレトルト食品のハンバーグでは最高の美味しさ!しかもお値段¥298円でコスパ最高!大きさも超ビック!大満足です!

食べ物・時短料理
スポンサーリンク

首都圏エリアで展開しているスーパーマーケットで、牛のマークに黄色と黒の看板のお店と言えば、肉のハナマサですよね。

最近、肉のハナマサのオリジナルブランド商品にハマっています。特に棚の一角に黄色い袋の一帯があるお菓子コーナーは大のお気に入りなのですが、お肉コーナーで、以前から気になっている商品がありました。それは、ずばり肉のハナマサの『お肉屋さんのハンバーグ』です。通常では、お肉のコーナーの一角にあるチルドコーナーにあります。

棚に付いている説明文を読むと、『お肉屋さんのハンバーグ』お肉のうまみたっぷりのあらびきハンバーグ!!と書いてあります。190g×2個入りですが、かなり大きいですね。スーパーで見た瞬間は、ステーキかな?も思うくらいの迫力がありましたね(苦笑)。お値段¥298円(税込価格¥322円。1個あたり¥149円!安いですね。さっそく買って帰りました。

パックに入っているハンバーグはかなり大きいです。小さいお子さんの顔くらいとは言いませんが大人の女性の手の大きさくらいはあるかもしれませんね。

裏面の左側には、原材料名の記載があります。お肉は・豚肉を使用していますね。

裏面の右側を見ると、美味しい食べ方、簡単なハンバーグソースの作り方が書いてあります。赤色で囲っているところです↓↓↓

袋から取り出しお皿に乗せてみます。

乗せたお皿はそこそこの大きさのお皿なのですが、2個乗せるとお皿からはみ出しそうですね。お皿が小さすぎたというよりハンバーグが大きすぎですね・・・(苦笑)

思わずメジャーで測定してみると約13cmくらいありますね😊😊😊デカイ!!!

温め方

電子レンジで500Wで1個2分、2個だと3分温めます。

簡単なハンバーグソースの作り方

和風:大根おろしポン酢で食べます。

洋風:中農ソース1対ケチャップ2を加熱する。とりあえず1人分で中濃ソースを大さじ1とケチャップを大さじ2でやってみました。

ようするに中農ソースとケチャップの割合を1対2でハンバーグにかけるソースを多めにしたい方は多めに、少なめで良い方は少なめに入れて加熱すれば良いと思います。

電子レンジでチン。ハンバーグソースを作った後に、お皿に盛り付けします。電子レンジでチンした後には、美味しそうなハンバーグの匂いが充満してきます。じゃがいものソテーや人参のグラッセも副菜で作りましたので、一緒に盛り付けしました。

少し縦に切ってみました↓↓↓

肉の厚みも1cm以上ありますね。食べた瞬間に口の中で肉汁がじわっと広がってくるのと同時にお肉の美味しさと玉ねぎの甘さがしっかりと感じられます。まさにタイトル通り『お肉屋さんのハンバーグ』の味であり王道の味ですね。レトルト食品のハンバーグでは最高の美味しさですし、今年食べたハンバーグの中で1番美味しかったです。しかも190gのハンバーグで大きさも超ビックです。2個入りで¥298円ですので1個¥149円でボリューム感たっぷりなのでコストパフォーマンスは最高です😊しかも電子レンジでチンすればすぐに食べられますので超ラクチンですね😊😊😊

二つだけ注意点があります。まず一つ目が湯せんでの調理は出来ません。二つ目は、賞味期限がやや短めです。今回私が肉のハナマサでの購入日が11月10日で賞味期限は11月18日でしたので、1週間ちょっとで賞味期限になりますので気を付けて下さい。ただ、ほとんどの場合、すぐに食べてしまうと思いますが・・・。我が家も即日、完食しました😊😊😊妻も子供達も大満足でしたし、私は、ハンバーグを食べながらも何回も何回も『美味い!美味い!』と連呼しながら食べました。さすがに、お店の名前に『肉』が付くだけに素晴らしい一品ですね😊

後日、別の日に、和風の大根おろしとポン酢で食べてみました。すると、ものすごくアッサリした味わいであっというまに食べてしまいました。同じハンバーグなのに全然違うハンバーグを食べているんじゃないかというくらい健康的でヘルシーな感じで食べられました。子供達も意外と和風の方が美味しいと言っていましたので、結構イケると思います。出来れば洋風も和風も両方味わってみて下さい。

仕事帰りや自宅近くに、肉のハナマサさんがあれば、ぜひ一度購入して食べてみて下さい。肉のハナマサの『お肉屋さんのハンバーグ』は私の中で食べ物大好きリストになりました😊

                               レッドシャープ

↓応援お願いします↓

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

コメント