肉のハナマサの『鶏手羽元入りバターチキンカレー』はトマトとバターの風味が効きかなり本格的な美味しさ!レトルトカレーとしては最高!

食べ物・時短料理
スポンサーリンク

最近は、肉のハナマサのお菓子系のオリジナル商品にすっかりハマっているので、週に1回は肉のハナマサに通っています。

もちろん肉のハナマサと言えば『お肉』を掲げているスーパーなので、もちろんさまざまなお肉が売っています。お肉の質量ともにかなり充実していますので、飲食店の関係者も買いに行くのではないでしょうか。

肉のハナマサのお肉系のオリジナル商品と言えば、やはりレトルトカレーが挙げられると思います。私もカレーライスは大好きですし、今や日本人の国民食とも言えるかもしれませんね。

↑いろんな種類のレトルトカレーが売っていますね!

その中でも1番気になっていたのが、『鶏手羽元入りバターチキンカレー』です。さっそく買ってきて食べてみたところ、お肉が柔らかくトマトとバターの風味が効いたかなり本格的な美味しいカレーでしたので、今回は、『鶏手羽元入りバターチキンカレー』をご紹介したいと思います。

まず、本体価格は¥398円(税込¥430円)です。袋の表には『鶏手羽元を豪快に4本じっくり煮込んでトマトとバターの風味が効いたカレーです』と書いてあります。鶏手羽元が4本まるごと入っているのですね🤤🤤🤤

袋の裏側を見てみると、内容量は450gで2人前と書いてあります↓↓↓

食べ方も書いてありますね↓↓↓

↑袋の裏側を一部アップします

【お召し上がり方】

●熱湯の場合、袋のまま沸騰したお湯の中に入れ7分温めてください。

●電子レンジの場合:他の容器に袋の中身を移してラップをし、500Wの場合8分、600Wの場合7分温めて下さい。

結構じっくり温めるようですね・・・。

今回は、熱湯に入れて温めることにしました。

↑お湯を沸かします
↑沸騰したお湯の中で7分温めます

お湯で7分温めた後、封を開けてみます↓↓↓

内容量は450gで二人分なので、丼皿に全部入れてみます。

↑この丼皿に入れて見ました
↑かなり量がありますね😊

カレー皿にご飯🍚を入れ、レトルトカレーを半分を入れます。袋に鶏手羽が全部で4本まるごと入っていましたので、一人分として2本入れました。↓↓↓

実際に食べてみると、バターチキンの風味がかなりしっかり効いています。トマトの風味も感じられます。鶏手羽元もじっくり煮込んでいますので、骨から簡単に鶏肉が取れますのでとても食べやすいです。それに鶏手羽元のお肉もとても美味しいです。↓↓

正直、かなり本格的なバターチキンカレーで濃厚な旨味が感じられかなり美味しいですね😊バターチキンカレーのレトルトカレーとしては、かなり本格的な美味しさでしたので、個人的にはほぼ満点に近いと思います。かなり気に入りました。

少し辛めなので、小さな子供にはちょっと厳しい辛さだと思います。ただ、逆に一口食べた後に少し舌にカレーの辛さが残る感じなので、かなり本格的な大人の味がするバターチキンカレーと言えるかもしれませんね。

二人分で約400円ということは一人分だと約200円でこれだけのかなり本格的なバターチキンカレーが食べられるとは・・・何とも素晴らしいですね👏

今回は、妻と一緒に食べましたので、お互い一人分ずつ食べましたが、食べた後に、かなりの満腹感が得られましたし、質量ともに大満足でした。

注意点があるとすると、袋の裏側に『保存料を使用していないので、開封後にはすぐに使い切って下さい』と書いてありますので、ひとりで食べる場合には、おかわりして食べきってしまうか、食べれなかったカレーは容器に入れて冷蔵庫に入れ翌日には残りを食べるようにした方が良いかもしれませんね。そこら辺はご自身の判断で召し上がって下さいね!

応援お願いします

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村

コメント