【時短料理】30分で出来る半熟卵のハンバーグ!卵がとろ~りで美味しさ最高です!

食べ物・時短料理
スポンサーリンク

お肉料理を作る時にいつもより少し工夫してより美味しいメニューを作ると、子供達の食べっぷりが普通の時より全然違いますし、妻の反応もかなり良いです。しかも家族みんなが美味しい物を食べれたという満足感に浸り家庭の雰囲気まで良くなりますよね。

そうしたちょっと一工夫して作るメニューの1つが『半熟卵のハンバーグ』です。ゆで卵ではなく半熟卵を包んだハンバーグは、半熟卵とハンバーグの相性が抜群なので、かなり美味しく出来ます。作る作業効率も上手くすれば30分で出来ます。今回は、『30分で出来る半熟卵のハンバーグ』をご紹介したいと思います。

【用意するもの】(4人分)

☆合いびき肉約600g(牛豚ひき肉でも豚ひき肉でもOKです)

☆玉ねぎ1/2個

☆たまご4個

☆牛乳大さじ2

☆パン粉大さじ6

☆塩コショウ・・・少々

《ハンバーグソース》

☆ケチャップ大さじ6

☆ウスターソース大さじ2

☆バター約20g

1⃣鍋に水を入れてお湯をわかす。お湯がわいたら、冷蔵庫から卵を取り出しそのまま鍋に入れ中火で約6分ゆでる。

卵を鍋に入れる時に『おたま』に乗せて優しく入れてあげて下さい!

途中、1~2回お箸で卵をかきまわして下さい。

2⃣卵をゆでたら冷水に入れて粗熱を取る。

うちの場合には、冷水に氷を入れています。5分もあればOKです!

3⃣玉ねぎをみじん切りにします。その後、耐熱容器に入れラップをかけ電子レンジ600Wで1分加熱する。

加熱後、ラップを外ししばらくそのまま5くらい粗熱を取る。

↑玉ねぎをみじん切り
↑ラップをかけ1分加熱します

4⃣ボウルに牛乳大さじ2、パン粉を大さじ6、合いびき肉、塩コショウ、それに粗熱を取った玉ねぎを入れ粘りが出るまで混ぜます。

↑材料を全部入れて混ぜます

3分くらい混ぜるとこのようになります↓↓↓

5⃣冷水で冷えた卵を取り出し卵の上か下(底)のほうを少し叩きヒビを入れ、丁寧に卵の殻を取ります。

半熟卵なのでゆっくり優しく殻を取って下さい! 

6⃣よく混ぜた肉だねを4等分に分けた後、肉だねをひとつずつ手のひらに乗せ厚さを1㎝程度に広げてゆで卵を中央に乗せ優しく包み込む。

↑肉だねを4等分にします
↑手のひらで1㎝位の厚さに広げます😊
↑ゆで卵を乗せて優しく包みます!
↑ゆで卵を包み込みます

7⃣プライパンにサラダ油を入れて温めて、ハンバーグを入れて中火で焼き色が付いたら裏返す。その後、フタをして中火やや弱めで約10分蒸し焼きにする

↑サラダ油を入れて温めハンバーグを入れる
↑片側に焼き目が付いたら裏返しフタをする

最後、ハンバーグに竹串を刺して透明な液が出ればOKです。

まだ赤い肉汁が出た場合には、もう少し焼いて下さい!

ハンバーグは完成です😊

8⃣ハンバーグソースを作ります。

プライパンの油をキッチンペーパーでふき取った後、ケチャップ大さじ6、ウスターソース大2、バター約20gを入れバターが溶けて煮立つまで中火にかける。

こんな感じになればOKです↓↓↓

↑ハンバーグソースの完成です😊

ハンバーグをお皿に乗せて半分に切ってみると・・・半熟卵がとろ~りしていますね😊

食べて見ると、本当に半熟卵がとろ~りしており、ハンバーグと味がミックスされますし、ハンバーグソースも絡み合うと本当に最高の半熟卵ハンバーグです。本当にかなり美味しかったです😊😊😊今まで自分が作ったハンバーグでは1番美味しかったですね😊😊😊子供達も美味しそうに食べてあっという間に完食でした(⌒∇⌒)😊😊😊

手際よく作業すれば30分で出来ます。初めにゆで卵を作りながら、玉ねぎの工程(玉ねぎを切って電子レンジで1分チンして冷ます)をやります。そして肉だねを作った後は焼く⇒蒸し焼きにしてハンバーグは完成。最後にハンバーグソースをチャチャと作れば出来上がりです。

今回は4人分の材料でご紹介しましたが、2人分の場合は、それぞれの材料や調味料などを半分で作れます。

なかなか忙しい平日は難しいかもしれませんが、週末の休日などに作ってみてはいかがでしょうか。手間をかけた分、美味しさも増すハンバーグが待っていますよ😊😊😊

機会があれば、ぜひ半熟卵のハンバーグを作ってみて下さい!

                             レッドシャープ

↓応援お願いします↓

にほんブログ村 料理ブログ スピード・時短料理へ
にほんブログ村

                    

コメント