澤村拓一投手の前半戦総括【レッドソックス1年目】前半戦は35試合に登板し、4勝0敗、6ホールド!防御率は2・45の好成績!◎◎◎ メジャー1年目で本当によく頑張った!

レッドソックス
スポンサーリンク

本日で、我がレッドソックスは、シーズン前半戦を終了しました。前半ラストのフィリーズ戦では、二連敗で終わりましたが、貯金19で首位なのでチームとしても◎◎◎です。今年から、メジャーリーグのレッドソックスに加入して頂いた澤村投手の前半戦を少し振り返ってみたいと思います。

開幕戦となった4月2日のオリールズ戦に、9回に5番手としてメジャーリーグ初登板を果たし、1回を1安打無失点に抑えましたよしよし(⌒∇⌒)

4月11日のオリオールズ戦では、7回裏に2死から3番手で登板し、1回1/3を投げ無失点に抑えて初ホールド!当初は、初めてのメジャーリーグであり、ボール🥎や環境の違いもあったと思うのですが、試行錯誤しながら勝ち試合だけでなく、負けている試合の登板・・・しかも登板する回も決まっておらず、結構、早いイニングの登板もあり大変だったと思います。ただ、徐々に防御率も改善・・・。5月1日以降の防御率は1・61であり、本拠地のフェンウェイ・パークの防御率は脅威の1・02を記録!凄い!

前半戦で1番印象に残った試合は、6月25日、宿敵ヤンキースを今シーズン初めてホームに迎えての試合での登板でした。4対3の1点リードしている4回ツーアウト1塁の場面での登板。昨季リーグ首位打者のラメーヒューをショートゴロに打ち取りよっしゃ!!!5回も続投して、2番のジャッジをセンターフライ、4番スタントンを三振。5番ボイトも三振に仕留めた場面・・・最高でした! 地元フェンウェーパークのファンだけではなく、テレビを観ていた全世界のレッドソックスファンの心を掴んだ瞬間でしたね。

たまには、連続四球を出す試合もありますが、そこのところは、コーラ監督以下の首脳陣もそうですし、澤村投手本人もそういう日もあるよみたいな感じで引きずらないというか切り替えが、上手くいっている印象です。同じ背番号(19番)の上原投手も言っていますが、澤村投手にもっと注目してあげて欲しいです。理想を言えば、このまま好投を続けて頂き、8回の男になって欲しいですね!本当に・・・背番号19がフェンウェイ・パークで躍動する姿を観るのは最高です!澤村投手・・・とりあえず、オールスター休みは心身ともに少しリフレッシュして頂き、後半戦も大車輪の活躍期待しています!後半戦もよろしく頼みます!!!

                                レッドシャープ

コメント