アメリカンリーグ地区シリーズ第4戦、5対5から9回裏、キケが犠牲フライを打ちレッドソックスがサヨナラ勝ち!リーグ優勝決定シリーズ進出一番乗り!

レッドソックス
スポンサーリンク

【ア・リーグ地区シリーズ:レッドソックス対レイズ第4戦】レッドソックスはエデュアルド・ロドリゲスが先発。レイズはマキューが先発。

3回裏、先頭のバスケスがヒットで出塁後、2アウト1・2塁。3番デバースが初球のストレートをセンターオーバーのスリーランホームランが出てレッドソックスが3点先制!!!よっしゃ😊😊😊

↑デバースのスリーランホームランで先制!
↑デバース・・ホームラン後のエルボータッチ

続く4番ボガーツがレフト前ヒットで出塁。5番バードゥーゴがグリンモンスター直撃のツーベースヒットを打ちさらに1点追加!!!ナイスツーベース!!!

↑バードゥーゴの二塁打で1点追加!

6番JDマルティネスもグリンモンスター直撃となるレフト前にタイムリーヒットが飛び出しもう1点追加し、レッドソックスはこの回点の大量得点!!!😊😊😊

↑JDマルティネスにもタイムリーヒット!

5回表、レイズはこの回先頭のルプローがツーベースヒットで出塁後、6番ディアスのセンターフライで2塁ランナーがタッチアップで1アウト3塁。7番メドーズのファーストゴロの間に3塁ランナーが帰りレイズが1点返す。

6回表、先頭のキーアマイヤーがツーベースヒットで出塁。レッドソックスはここでハウク投手に交代。ロドリゲスはここまで良く投げました😊😊😊次の1番アロサレーナはセンターフライで2塁何らーがタッチアップで1アウト3塁。2番フランコが初球をセンターオーバーとなるツーランホームランが出てレイズが2点を返し3対5で2点差。

8回表、レッドソックスはこの回からブレイシア投手が登板。8番ズニーノにライトオーバーのツーベースヒットが出てランナー2塁。9キーアマイヤーもライトオーバーのツーベースヒットが出てレイズが1点返し1点差。

キーアマイヤーのツーベスヒットで1点差

続く1番アロサレーナはライト前ヒットを放ち5対5の同点!!!5点リードから追いつかれるか。

↑ アロサレーナのライト前ヒットで同点!

レッドソックスはここでブレイシアを諦め、ウィットロックに交代し後続は何とか打ち取り勝ち越しは許さず。

9回裏、先頭のバスケスがヒットで出塁。9番アローヨが送りバンドで1アウト2塁でサヨナラのチャンス!ここで代打のトラビス・ショーの当たりはサードゴロ!サードがファーストに投げるがワンバウンドしたボールを崔志万が落とし記録はヒット!!!1アウト1・3塁。ここで打席には2番キケ。1ストライクからの2球目をレフトフライ・・・3塁ランナーが帰りレッドソックスがサヨナラ勝ち!!これで3勝となり、リーグ優勝決定シリーズ進出一番乗り!!キケありがとう😊😊😊😊😊良く打った😊😊😊😊😊

↑キケのサヨナラ犠牲フライでサヨナラ!
キケありがとう😊😊😊😊😊

もともと、今シーズンの前評判は高くなかったですし、昨年ワールドチャンピオンになったドジャースから移籍してきたキケは、母親からドジャースに残留することを勧められていたそうですが、「母親にはワールドシリーズで優勝することに匹敵するものはないが、毎日スタメン出場して、ワールドシリーズで優勝できる確率があるチームでプレーすることを選択した」と言っていたそうです。本当にレッドソックスに来てくれてありがとう😊😊😊😊😊そしてプレーオフでの大活躍ありがとう😊😊😊😊😊本当にみんな頑張った!

これで、アメリカンリーグの優勝決定シリーズ進出1番乗り!!!ここまで来たらワールドチャンピオン目指してチーム一丸で頑張れレッドソックス😊😊😊😊😊

                                    レッドシャープ

                   

コメント