アリーグ優勝決定シリーズ第六戦、アストロズが5対0で勝利し優勝!レッドソックスは2安打のみで完封負け!

レッドソックス
スポンサーリンク

【アメリカンリーグ優勝決定シリーズ:レッドソックス対アストロズ第6戦】レッドソックスはイオバルディが先発。アストロズはルイス・ガルシアが先発。

1回表、先頭のシュワーバーが振り逃げで1塁出塁。その後、内野ゴロ、センターフライでタッチアップし2アウト3塁のチャンスとなるものの、4番ボガーツがサードゴロで無失点。

1回裏、2アウト後、3番ブレグマンがヒットで出塁後、4番アルバレスの当たりはセンター後方への大きな当たり・・・センターのキケが打球には追いついたもののグローブの土手に当たりボールを落としツーベスヒットとなりアストロズが1点先制。仕方ないですね。

↑アルバレスがセンターオーバーのツーベスヒット
↑キケのグローブの土手に当たった後ボールを落とす

4回裏、先頭の3番ブレグマンがヒットの後、4番アルバレスがレフトにツーベースヒットを打ちノーアウト2・3塁の大ピンチ。ここで、コレア空振り三振!タッカーも空振り三振!7番グリエルは申敬遠で満塁とし、8番マコーミックを空振り三振に打ち取り何とか無失点に切り抜ける!

↑イオバルディが力投

6回表、2アウトまでレッドソックスは無安打。2番キケがもう少しでホームランとなるスリーベースヒットを打つものの、3番デバースはショートフライで無得点が続く。

6回裏、この回先頭のアルバレスがいきなりスリーベースヒットでランナー3塁。次の5番コレアは四球。6番タッカーの当たりは強烈なファーストでの当たりを1塁手のシュワーバーがワンバンドで取りファーストランナーにタッチして1アウト。1塁ベースを踏んでツーアウトとなるものの、3塁ランナーが隙を見てホームに帰りアストロズが2対0。シュワーバーが一瞬、3塁ランナーを見て目でランナーを釘付けにすれば良かったのですが本業は外野手なので仕方ないですが、痛い2点目でしたね。

↑タッカーのファーストゴロ
↑シュワーバーが1塁ランナーをタッチ
↑1塁を踏んで2アウト
↑ただその間に3塁ランナーが帰りアストロズが2点目

7回表、1アウト後、JDマルティネスが四球で出塁後、6番バードゥーゴがライト前ヒットで1アウト1・3塁のチャンス。代打のトラビス・ショーは空振り三振でツーアウト。ファーストランナーがセカンドに入っておりセカンドも盗塁死で一瞬にしてスリーアウト!うわ~!

8回裏、2アウト1・2塁から6番タッカーがレフトにスリーランホームランを打ちダメ押しで勝負あり!終わった・・・。

↑タッカーがダメ押しスリーランホームラン

9回表、アストロズは抑えのプレスリーが三者凡退に抑えアストロズが5対0で勝ちアメリカンリーグ優勝となりました。レッドソックスは2勝1敗からのまさかの3連敗でジエンド。今日も2安打では致し方ないですね。3戦を勝った時には勢いでワイルドシリーズに行けるかと思いましたが、結局、特に中継ぎ、抑えで信頼感がある投手がいなかったのが致命傷になった感じですね。打線も4戦目以降、急に全く打てなくなるとは・・・(苦笑)

ただ、もともと昨年は最下位でしたし、特に投手では、イオバルディは通常では毎シーズン怪我をするなどフルシーズン投げたことはほとんどなかったですし、ロドリゲスは昨年病気で1試合も投げていなかった。ピベッタはシーズンで二桁勝利の経験がなくいつも大体大きく負け越す感じでしたし、マーティン・ペレスは防御率が4点中盤~5点台など・・・ようするに今シリーズが始まる前には、ある程度、安定感がありローテーションを任せられる投手が他の球団に比べて揃っているとは言えず、前評判も良くなかった状態であり、チームとしては、過渡期なのであまり大きな入れ換えをするところまではいかず、リハビリのシーズンを覚悟していましたのでよくプレーオフまで進出出来たと思います。👏👏👏

今シーズンを少し振り返りますと、シーズン序盤、好調な打線に引っ張られ中盤まで好調に推移した次第です。ただ、オールスター明けから、急にチームの調子が下降線をたどりレイズにあっというまに抜かれました。しかし、エースのクリス・セールが復帰しチームの起爆剤となり何とか最後の最後でプレーオフ進出!!!シーズン最終戦では、澤村拓一投手も中継ぎでピンチを抑え活躍しましたね。

プレーオフに入ると、ワンゲームプレーオフで宿敵ヤンキースとの決戦では見事に勝利し勢いに乗り、レイズも破りアメリカンリーグの優勝決定シリーズまで進出出来ました。まさか過渡期の今シーズンにここまで勝ち上がってくるとは思ってもみなかったです。レッドソックス・・・今シーズンの戦いはよく頑張ったと思います👏👏👏

ただ、最後のアメリカンリーグ優勝決定シリーズでアストロズに負けたのは本当に悔しいですね😭😭😭世界中のレッドソックスファンが泣いていると思います。レッドソックスの方が中継ぎ以降の投手の力はアストロズの方が優秀だったのは事実だと思います。アストロズに負けた悔しさを糧に来シーズンは先発投手も含め投手陣の再構築をはかりワールドシリーズに行けるように頑張って欲しいです。ブログ活動を今年7月からスタートしましたが、見て頂いたファンの方にはありがとうとお礼を申し上げます。また、レッドソックスもよく頑張ったです😊😊😊😊😊来シーズンこそワールドチャンピオンになれるようにファイト!!!レッドソックス!!!

                                 レッドシャープ

コメント