【共働き世帯の家事・子育て】モチベーションを上げる方法とは?~共働き10年以上の経験から~

共働き・家事・子育て
スポンサーリンク

共働きをしながら家事・子育てを続けるのは、想像以上にとても大変なことです。普通、一般的な会社員の方であれば、週末はお休みになりますが、家事・子育てに関しては、平日だろうが週末であろうが、365日・・・毎日お休みがありませんよね。しかも仕事で疲れていたり、自分自身や家族が体調不良や病気の時もあるでしょう。いつでもモチベーションを高く維持しながら家事・子育てをやるのは不可能ではないでしょうか。多少、調子が悪くても何とか日々の家事・子育てをこなしている時も少なからずあるのではないでしょうか。

家事子育てに休みの日がないのですから、メリハリをつけながら日々の家事・子育てをこなしていく必要がありますが、休みの日がないので気持ちが乗らない日や時もあります。そうした時にいかにすればモチベーションを上げられるのか、共働き生活10年以上の経験も踏まえながら具体的な方法について考えていきたいと思います。

モチベーションどうやってあげようかな?!

1⃣自分へのご褒美、パートナーへのご褒美、家族への具体的なご褒美をする!

美味しいスイーツや好きなお菓子をお土産で買って帰る!

週末にカフェで美味しいコーヒーやパンなどをパートナーに奢ってあげる

週末にレストランで外食して美味しい食事をする! 

 お食事と一緒に美味しいお酒でも飲みながら、日頃のお互いの頑張りを褒めあいましょう!

パートナーに半日や1日家事やらないデーを作ってあげる!⇒一人の時間を作ってあげる😊

2⃣お部屋の雰囲気を変える・素敵な空間にする!(気分転換・リフレッシュをはかる)

リビングのインテリアなどを自分の好きなものに変えてみる。家具やソファーなどの配置や向きを変えてみる 

照明を変えてみる。

観葉植物やお花を買ってくる。

好きなアロマオイルを置き部屋にアロマの香りを出す

リビングの模様変えたり、観葉植物やお花を置く、或いはアロマなどの香りを出すなど創意工夫することにより、気分転換やリフレッシュをはかると同時に、ストレス軽減や心身ともに出来るだけ癒される空間にする。お部屋の雰囲気を変えることにより、自分や家族にとって今まで以上に素敵で快適な空間にすると日々の生活もより一層楽しく過ごせるでしょうね。

3⃣好きな音楽を聴きながら家事をやる!(気分を上げる)

好きな音楽を聴く⇒気分が上がる⤴ 特に明るいアップテンポの曲を聴きながら家事を行うと、リラックス出来ますし、気持ち的にも明るくなりますよね!

最近、私は食事作りをしている時には、必ずと言ってもいいくらいアップテンポの好きな音楽を聴きながらやっています!!気分的にテンションが上がりますのでお勧めです😊

4⃣とにかく休養を取る(心身ともに・・・)

肉体的・精神的に疲れていたり体調不良の時には、家事・子育てについては極力、労力を使わないようにする。例えば、食事の時にはオカズを買ってくるとか、洗濯もしない等・・・。

どうしてもモチベーションが上がらずダメな時には、全面的にパートナーにお願いする。

⇒そういう時には、家事も子育てもパスして、自分の時間を作りのんびり自分のしたいことをしてリフレッシュする!・・・例えば、映画見るとか、好きなスポーツを見る、読書する、ゲームをする、お友達と長電話する等・・・。

※もちろん、疲労困憊している時には、美味しいものを食べて早めに寝て十分な睡眠時間を取り疲労を取るようにしましょう!無理は無理ですからね!

5⃣太陽の光を浴びること(休日などに散歩や子供と公園などで遊ぶ)

太陽の光を浴びるとセロトニンが分泌されます。セロトニンとは、精神の安定や安心感や平常心など脳を活発に働かせる鍵となる脳内物質であり、特にストレスに対し効能がある脳内物質であることが分かっています。つまり、太陽の光を浴びるとセロトニンの分泌が促される⇒ヒトの気持ちをポジティブにする効果があると言われています。

週末、休日などに散歩や子供達と公園などで遊ぶことでセロトニンを増やすことも出来ますし、気分転換にもなりますので一石二鳥になると思います。

セロトニンが不足すると、慢性的ストレスや疲労、イライラ感、向上心の低下、仕事への意欲低下、協調性の欠如、うつ症状、不眠などの症状が出てくる危険もありますので、日常生活上でも気を付けた方が良いと思います。なお、男性は女性に比べて役50%脳内セロトニンを生成する能力が高いと言われていますので、女性よりも十二分に注意した方が良いかもしれませんね。

次ページに続きます。

コメント

  1. ゆうめい より:

    ブログを読んで、優しさだけでなく逞しさも必要と感じました。
    基本的な強さは必要ですね