【時短料理】5分で出来る豆苗卵炒め~忙しい貴方の料理の一品に~

食べ物・時短料理
スポンサーリンク

【時短料理】私が小さい頃には、スーパーで見かけなかった野菜ですが、最近よくスーパーで見かけるようになったのが豆苗です。豆苗は「えんどう豆」の若い葉と茎を食べる緑黄色野菜なのですが、ビタミンA・ビタミンK・ビタミンCや葉酸なども栄養が豊富です。また、豆苗はスーパーの西友では97円で売られており、お値段も安い上、根元を切って水に入れておくと1週間位でまた育つので2回料理に使えるのも便利です。しかも調理も簡単です。我が家でよく作るのが豆苗卵炒めです。急いで作ればパパっと5分で出来る一品なので、ご紹介したいと思います。

【用意するもの】

☆豆苗1パック

☆卵(2個~3個)今回卵2個にしました。

☆調味料(醤油小さじ2、お酒小さじ2、オイスターソース小さじ1、砂糖小さじ1)

①豆苗を根元で切り、3つに切る。(2つ切りでもOKです)

②卵を割ってそのままフライパンに入れ、半熟手前くらいまで強火にかける。約1分!

③フライパンから卵をいったん取り出す。

④プライパンに豆苗を入れ強火でしなとするまで炒める。40秒~60秒くらいです。

⑤豆苗がしなってきたら、調味料を全て入れ、卵も入れて強火のまま1分くらい炒める。もし味見して味が足りなければ、醤油などを入れ味を調整して下さい。完成です。

醤油・お酒にオイスターソースを入れると味に深みが出る感じですし、炒める時間は3分もあるかどうかで簡単に出来ますので時短料理としては超簡単に出来ます。なおオイスターソースが無ければ醤油・お酒・砂糖に塩コショウを入れても大丈夫だと思います。

※根元の部分には、水を入れ毎日1回水を入れ替えて育成すると1週間位で元の大きさに近いくらいまで育ち食べられますのでお得ですよね。2回豆苗を食べたとすると1回約50円ですよね。コスパも最高です!ぜひこれを契機に豆苗を料理で使用する野菜で活用してみて下さい。※ただし育成は1回までにした方が良いです。以前2回育成してみたのですが、2回目はあまり育ちませんでした・・・。

根元を容器に入れ水を張り育成します↑↑↑

本日、我が家では料理の一品として豆苗を使用しましたので、すぐに根元を容器に入れ水を張っています。週末には根が育ち食べられるようになります。😊😊😊

                                レッドシャープ

↓応援お願いします↓

にほんブログ村 料理ブログ スピード・時短料理へ
にほんブログ村

コメント