肉のハナマサの『アーモンドオートミールクッキー』はサクサク食感で素朴な美味しさ!食べすぎ注意報が出るかもしれません!

食べ物・時短料理
スポンサーリンク

肉のハナマサが、またまたお菓子系のプライベートブランド商品を発売しました。その名は、『アーモンドオートミールクッキー』です。さっそく買って食べてみましたが、サクサク食感のひとくちクッキーで美味しかったので、ご紹介したいと思います。

肉のハナマサのお店では、お菓子系のオリジナルブランド商品の棚の一角に『アーモンドオートミールクッキー』があります。

棚に書いてある説明文をよく見てみると・・・。

話題のオートミールがハンドメイド風の素朴なお菓子になりました。

マレーシアで見つけた美味しいお菓子

食物繊維が手軽にとれるサックリ食感のひとくちサイズクッキー!

またこんなことも書いてあります・・・

オーツ麦&アーモンドフレークうっかり食べすぎ注意!!  そんなに止まらないかな?!

本体価格は¥198円(税込214円)です。

オートミールとは?

■燕麦(オーツ麦)を蒸す、ひき割る、平たくするなどの加工した食品!

■精白(皮を取り白くすること)は行わず、外皮を残している
⇒タンパク質やミネラル(カルシウムや鉄分)、ビタミン(ビタミンB1・ビタミンE)、食物繊維などの栄養が豊富に入っている!

■便秘解消やダイエット・美容食としても注目されており安全な健康食としても注目!
↑オーツ麦をいろいろな加工方法により様々なオートミールになります😊

精白せず外皮を残せば栄養がたっぷり!しかも便秘解消やダイエット効果もあれば流行りますよね😊

実際に買ってきましたが、そんなに大きい袋ではありません。

袋の裏に書いてある原材料を見ると、オーツ麦、マーガリン、砂糖、アーモンドフレーク、糖蜜です。

内容量は100gです。

袋を開けます。

どれくらいのオートミールクッキーの量になるのか、袋から1回全部出してみます。100gなのでそんなに量は多くありませんが、パッと見ただけでもアーモンドがふんだんに入っているのが確認できます。

もうちょっと拡大してみます!

もっと拡大してみます・・・。

本当にアーモンドがザクザク入っていますね!

食べてみると・・・食感はすごくサクサク!!!

それにアーモンドの味がスゴクします😊

オートミールクッキーはシンプルで素朴な味です!そんなに甘ったるくはありませんね。

まさに、飽きがこない味です(^▽^)/

たしかに、謳い文句の『オーツ麦&アーモンドフレークうっかり食べすぎ注意!!』に該当するクセになる美味しさですね😊

しかも、オートミールなので、栄養豊富でヘルシーなクッキーですので身体に優しいのもありがたいですよね😊

ただ、袋を開けてしまうと、オートミールクッキーを取る手と食べる口が止まらなくなるのは仕方がないかもしれませんよね(苦笑)

本体価格は¥198円(税込214円)なので、少しお値段が高い印象はありますが、ヘルシーなオートミールで作っているクッキーですし、素朴な味で美味しいのでクオリティが高いと思います!

健康面も注意したいけど、やっぱりクッキーを食べたいと思っている方にとっては最適でしょうし、単純に美味しいクッキーが食べたいと思った方も十分に満足できる味になっていると思います。

お近くに、肉のハナマサがあれば、ぜひ1度食べてみて下さいね。

肉のハナマサには、その他にも、かなり美味しいお菓子系オリジナルブランド商品のラインアップがあります。今のところ、お菓子系のプライベートブランド商品は、ほとんど買って食べていますが、どの商品もなかなか素晴らしい味です。いろいろ食べてみて下さいね(^▽^)/

『厚切りバナナチップス』砂糖不使用でもバナナの旨味が効いた美味しい味!

肉のハナマサのオリジナルブランド商品『厚切りバナナチップス』はサクッとした食感でバナナの旨味が効いた美味しい味!
肉のハナマサのオリジナルブランド商品『厚切りバナナチップス』はサクッとした食感でバナナの旨味が効いた美味しい味!厚切りなのにサックサク!バナナチップ界の革命児登場!砂糖不使用。バナナ本来の濃厚な甘さがします!

『たっぷりチョコレートチップクッキー』チョコチップが沢山!ザクザク食感で美味しいです!

肉のハナマサのオリジナルブランド商品『たっぷりチョコレートチップクッキー』はチョコチップが沢山!ザクザク食感で美味しいです!
肉のハナマサのオリジナルブランド商品『たっぷりチョコレートチップクッキー』はチョコチップが沢山!ザクザク食感で美味しいです!チョコレートチップとチョコレートクッキーを両方食べるチョコたっぷりのかなり本格的なチョコレートチップクッキーでとても美味しい!

応援お願いします

にほんブログ村 料理ブログ スピード・時短料理へ
にほんブログ村

コメント