アメリカンリーグ地区シリーズ第3戦、延長13回裏、バスケスのツーランホームランでレッドソックスがサヨナラ勝ち!2勝1敗で大手!

レッドソックス
スポンサーリンク

【ア・リーグ地区シリーズ:レッドソックス対レイズ第3戦】レッドソックスはイオバルディが先発、レイズはラスムセンが先発。

1回表、2番フランコがヒットで出塁後、3番メドーズがツーランホームランを打ちレイズが2点をリード!97マイルの内角のストレートでしたが上手く打たれた。

↑メドーズの先制ツーランホームラン

1回裏、レッドソックスは先頭のシュワーバーが1ストライクからの二球目の外角の変化球を上手く打ちグリンモンスターを超える先頭打者ホームランでレッドソックスが1点を返し1対2。ナイスホームラン😊😊😊

↑シュワーバーの先頭打者ホームラン

3回裏、9番アローヨがヒットで出塁、1番シュワーバーも連続ヒットでノーアウト1・3塁のチャンス。2番キケが1ストライク1ボールから外角の変化球をセンター前に運びタイムリーヒットで2対2の同点。ナイスヒット😊続く3番デバースもセンター前ヒットでレッドソックスが3対2で逆転!

↑キケの同点タイムリー
↑デバースのタイムリーヒットで勝ち越し!

5回裏、この回先頭の2番キケが1ストライク2ボールからの内角への97マイルのストレートをグリンモンスターを超える特大のソロホームランを打ちレッドソックスが4対2。よっしゃ!!!😊😊😊キケは鬼に金棒状態ですね😊

↑キケのソロホームラン
↑キケのホームラン 横から・・

8回表、レッドソックスはロブレス投手に交代するも完全に裏目。先頭のフランコにいきなりソロホームランを打たれ1点差。

↑フランコにソロホームランを打たれ1点差

3番メドーズにはツーベースヒットを許す。その後何とか2アウト3塁になるものの、6番アロサレーナにはツーベースヒットを打たれ4対4の同点。参ったな!!!

ロブレスはここで降板し、その後はウィットロック投手が9回表までゼロに抑えるもレイズも必死の継投で4対4の同点のまま延長戦に突入・・・。

レッドソックスは10回表から、ピベッタ投手が登板!もう先発投手もつぎ込む総力戦。

13回表、2アウト1塁。7番キーアマイヤーがフルカウントから甘く入った変化球をライトに引っ張った打球はライトのレンフローの頭上を越え、フェンスに当たって跳ね返り、処理しようとしたレンフローの体に当たってからフェンスを越えたがどうなる?!ビデオ判定になるもののツーベースヒットで1塁ランナーは3塁へ・・・レンフローに当たってフェンスを越えなければ1塁ランナーが生還していましたね!ルール上には決まりがないようですが超ラッキー😊😊😊

キーアマイヤーの当たりはツーベースコース!
↑レンフローにボールが当たった後、フェンスを越える・・
↑13回表のツーベースヒットのシーン・・・動画です!

試合が再開しましたが、8番ズニーノは空振り三振でレイズ得点できず。・・・。

13回裏、1アウト後、7番レンフローが四球で出塁。8番バスケスが96マイルのストレートを弾きグリンモンスターを超えるサヨナラツーランホームランでレッドソックスが6対4で勝利しました。やったー!!!サヨナラ😊😊😊😊😊

これでレッドソックスが2勝1敗でシリーズ大手をかけました!!明日、一気に決めましょう!

                                    レッドシャープ

コメント