大谷翔平選手!まさかのホームランダービー1回戦負け!再延長の末、ナショナルズのソトに敗れる!大谷さん私たちも楽しかったです!

大谷翔平
スポンサーリンク

2021年7月13日、アメリカ大リーグのホームランダービーに、日本人として初めて大谷翔平選手が出場。

ホームランダービーの直前・・・室内のバッティングゲージで少しバッティング練習している場面が映し出される・・・。う~わ!普段はこんな光景は見られませんね。トラウト選手や大谷選手が試合直前のバッティング練習は室内で打っていると聞いたことがありましたが・・・。貴重な映像を見させて頂きました。😊

対戦相手のナショナルズのソト選手は、2018年に10代で衝撃デビューし、2019年のナショナルズのワールドチャンピオンに貢献した若きスラッガー。ただ、今シーズンは前半戦で11本だったので、大谷選手が楽々クリアすると思っていたのですが・・・まさかの展開が・・・。

先に打つのははソト選手。3分間とボーナスポイントの1分間で合計22本!流石の内容・・・予想していた本数より打っている感じ・・・。飛距離も出ていますね。

続いて大谷選手の登場! あれあれあれれ・・・打球が全然上に上がらない・・・スタンドもザワザワしだす・・・。打球を上に上げようとして、手首が返るのが少し早いのかな・・・初めの1分間でホームランが1本。マジかよ・・・(苦笑) それから徐々にホームランが出始めて、通常のラスト1分間とボーナスポイントの1分含めたラスト2分間で何とか追い上げ・・・22本で何とかソト選手に追いつく!

ちょっと疲れたみたい・・・。

このタイミングで、お電話が入りました・・・!

今シーズン途中までチームメイトだったプーホールズからでした!『もしもし、プーホールズです! 大谷さん観てますよ! リラックスして行こうぜ・・・』と言ったんでしょうか・・・(^0^)

延長戦に突入! 双方6本ずつで決着が付かず・・・。

ヘトヘト・・・。

今度は、トラウト選手からも電話が入ったようで・・・。

結局、再延長は、好きな球を選んで3回スイングをする方式だったのですが、先行のソトが3回全てホームランを打ちました。大谷選手の出番です!打った打球は・・・ホームランにはならず1回戦負けでした。ただ、大谷選手も楽しかったですと言っていましたし、観ている方々も本当に楽しかったです。大谷さん、ありがとうございました。結局、ホームランダービーは、メッツのアロンソ選手が優勝となり連覇しました。来年は、アロンソ選手と対決だ!!!

明日は、オールスターの先発投手&1番DHでの出場が決定していますので、今日はこれからゆっくり休んで下さい。すでに貴方様は伝説の選手です。怪我だけは気をつけて今シーズン終了まで走り続けて下さい。そして、少しでも身体の具合が悪ければ、やせ我慢せず、マドン監督に『ボス、ちょっと痛いんだ!』と正直に言ってください。お願いします!

                                レッドシャープ

コメント