レッドソックス4対3で競り勝ち今シーズン初勝利!ヤンキースとの開幕カードは1勝2敗!

レッドソックス
スポンサーリンク

レッドソックス対ヤンキースとの開幕カード第3戦。レッドソックスは、ここまでヤンキースに連敗スタートなので、今日はスイープを避けたい大事な試合。

レッドソックスはハウク投手、ヤンキースはモンゴメリー投手が先発。

1回表、レッドソックスは1アウト1・2塁のチャンスで4番JDマルティネスがレフトへタイムリーツーベースで1点先制。JDマルティネス・・・ナイスツーベース😊

さらに1アウト満塁とチャンスが続き、6番アローヨがライトに犠牲フライを放ちもう1点追加し、レッドソックスが2対0で2点リード。

3回裏、ヤンキースはノーアウト1・2塁から、4番スタントンがレフトにタイムリーヒットを放ちヤンキースが1点返し2対1。

4回表、1アウト2・3塁から、9番アラウズがライトへ犠牲フライを打ちレッドソックスが1点追加したものの、4回裏、1アウト2・3塁から、2番リゾがセンター前ヒットを打ち2人が帰り3対3の同点。クリーンヒットですね・・・やられた(苦笑)

6回表、先頭の5番ダルベックが初球を打ってライトスタンドに勝ち越しホームランを放ちレッドソックスが4対3と1点リード!ダルベック・・・ナイスホームラン😊

レッドソックスは、その後、7回はストラーム、8回はロブレス、9回は、ディークマンと細かい継投でしのぎ、そのままレッドソックスが4対3で今シーズン初勝利!!!

↓↓最後のディークマンは三者三振と圧巻のピッチング😊このまま抑えでイケるかもしれませんね。

1戦2戦と連敗スタートでしたがスイープされなくて良かったです。今シーズンも粘り強く戦っていくまでですね。

ボストン・レッドソックス2022年戦力分析もご覧下さい↓

【ボストン・レッドソックス2022年戦力分析】
【ボストン・レッドソックス2022年戦力分析】2021年は公式戦最終ゲームに勝ちギリギリでプレーオフに滑り込み、プレーオフでもアメリカンリーグ優勝決定シリーズまで進出しましたが、ワールドシリーズには手が届かなかったレッドソックス。2022年シーズンのレッドソックスの戦力分析!

【MLB.TV】契約する方法もご覧ください!MLB全試合が視聴出来ます↓

【MLB.TV】契約する方法!MLB.TVならMLBの全試合が視聴可能!見逃し配信もOK!MLBファンなら最高です!
【MLB.TV】契約する方法!MLB.TVならMLBの全試合が視聴可能!見逃し配信もOK!MLBファンなら最高です!メジャーリーグの全試合を唯一見ることが出来るのが、MLBが公式に運営している公式動画配信サービス「MLB.TV」です!契約方法について具体的に解説します!

応援お願いします

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

コメント